サッカー:1年以上練習でうまくならない人向け!檜垣裕志さんのDVD教材

a0001_009668


  • 【世界の常識を学ぶ】

サッカーを上達するために見直す常識

最近、ある子供をみていてサッカーの上達の
伸びどまりを感じ始めました。

ここは何か手を打たないと
上達せず、このままで終わってしまう。
そう思っていました。

そんなときに、出会ったのが、
檜垣裕志さんのサッカーを上達するための
教えです。

そもそも、サッカー界における
両足をつかって練習をするという、
日本では常識と思われることを覆すことから
檜垣さんの教えがはじまったので
私はかなり興味を持ちました。

なぜなら、たとえば
日本では、30年前のサッカーの
練習においては、上達するには、

水は飲むな!!

それが当たり前でした。
いまはどうでしょう。
まったく逆です。

30年前サッカー界であたりまえのこととして
通用していたことが、いまでは、
まったく逆の教えを
子供たちにしているのです。

a0001_009668

こうした経験からも、
いま、サッカー上達のために
行われている練習が必ずしも
正しいことではないと
わたしは、思えます。

さて、そんな私の考えもあったせいか、
檜垣さんのサッカー上達のための
教えに出会いました。

まずは、
檜垣裕志さんのDVDに挑戦です。

衝撃的なのは

両足を使う練習をやめるだけで
すぐに上達する

ということを指導されています。

常識をうたがってみるとうまくいくことがあります。

指導法に関して
日本で一般的にいわれていることは、
ブラジルでは、サッカーがうまくなるのに不要だと
いわれていることがあるとのことでした。

日本の野球に関しても
桑田選手が、伝統的におこなってきていることが
必ずしも正しいとは限らないことを
下記の著書でお話しています。

桑田真澄の常識を疑え! KUWATA METHOD―父と子に贈る9つの新・提言 !

檜垣さんはDVD教材を
経験の浅いお父さんやコーチ向けに
作成されています。

そういったもののほうが、
よいことがあります。

昔の常識に
凝り固まった自分のサッカーの知識で
子供を指導してしまうのもよいですが、
そレが正しくないこともあるのです。

そうしたことを学ばしてくれたのが
檜垣さんでした。


檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド ~トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック~ [HYS0001]




Pagetop
円安